1. ホーム
  2. 概要

その他の支援

概要

胚の凍結保存

tube.jpg

貴重な生物資源であるトランスジェニック、ノックアウトマウスなどの系統を安全に保存するためには、凍結保存が有効な手段です。飼育による維持と違い、スペースや手間の問題だけでなく、病気や事故といった不測の事態でマウスの系統を失う危険性も回避できます。

さらに生体動物を受け入れないSPF施設でも、凍結胚であれば受け入れる所も少なく有りません。発生工学研究会では体外受精と胚凍結保存の支援を行っています。



顕微授精

通常の体外受精では受精卵が得られない(例えば精子数が非常に少ないとか運動性が無い)場合には、精子や精細胞を卵子の細胞質に直接注入する顕微授精が有効です。

発生工学研究会 では、独自の緑色蛍光ラベルES細胞を使うことで、作製したキメラマウスが不妊であった場合にも、僅かでもES 細胞由来の精子が作られていれば顕微授精により産仔を得ることに成功しています。 ICSI やROSIは非常に高度な技術を必要とし、マウスの系統および精子の状態によって、産仔が得にくい場合もありますので、微生物病研究所の教員と共に詳細な打ち合わせを実施した後共同研究として実施させて頂きます。

Page Top